Interactive Brokers + システムトレード = Best Trade      ~すうぃーとぴぃの講師な毎日~

3月から日本橋に外国株システムトレードのスクール(Global Trade School)をオープンしました☆ こちらのブログではマーケットのコトやスクール、スタッフの個人的なコト等色々と書いていこうと思ってマス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

★ 新しぃメルマガ .。* ★

今日はキラ 新しいメルマガ キラを発行申請に出しましたちな♪

現在すでに、グローバルマーケットをターゲットにした、
システムトレードのメルマガを書いているのですが、
次のモノは日米のトレード環境の違いに焦点をあてた
少々辛口の 作りになる予定 笑

日本のトレードの批判アップロードファイルが入るので、長くトレードをなさって
いる方からは、厳しぃコメントが返って来そう汗汗ですが、

投資先進国のアメリカに学ぶトコロは多いハズビックリみっちゅ

もうすぐ発行予定sc03なので、興味をもたれたら、ゼヒお読みくださぃねアップロードファイルはーと3つ

PageTop

☆* トレードは頑張り過ぎず *☆

一つの国の市場に固執すると、マネーサプライが減っていく時にきつぃsc06


だったら、マネーサプライを追いかけちゃぇビックリみっちゅ ですよね桜

キラ よりパフォーマンスの良い市場で売買をする キラ

結局のトコロ、これがイチバンの戦略だと思うんです。

だから、IB 絵文字名を入力してください


ブローカーのまとめをしましょう

アナタのトレードを有利に運ぶために、ブローカーさんに求める絶対条件が②つ。

 * 手数料を安く、& ごまかさない
 * マネーサプライの増えているマーケットに参入できる


コト四葉

これを最も良い条件で提示して、さらにETFや国債、オプション、先物などもカバーしてくれるのは、IBくらい。

ですから株取引での利益を真剣に追求していくと、どうしてもIBに頼らざるを得ない訳ですsc04




PageTop

☆* 世界の市場に参入するメリット *☆

IBの手数料の他の(そして恐らく最大の)メリットは、

一国の市場にとらわれないトレードが出来るビックリみっちゅ

トコロにあるでしょう あキラ


こういった考え方は、まだ日本の方には馴染みの浅いものかも知れませんね。

メールマガジンでも軽く触れましたが、株価の上下は結局のトコロ、

“マネーサプライ”に左右されてしまう 

ものです。

一つの国の市場に依存していると、“雨の降る日も風の吹く日も” そこで頑張らなければならなくなるsc04

そうすると、今度は対応策を立てようとチャートや指数の研究に躍起になり・・・汗汗

でも必ずしも、頑張った分の利益って、得られてなかったりするんですよね絵文字名を入力してください

PageTop

☆* IBはアナタの味方!? *☆

随分長いコトブローカー記事で引っ張ってますね絵文字名を入力してください

そろ②他の話題に・・・と思うのですが、何せ“一大イベント”なモノですから、ブローカー選びって。

もう少しお付き合い下さいあ

えぇと、今日はコストでしたね。


IBは、日本の取引に関しては 先物で取引所への手数料を除いた額が、300~600円。

sc06

微妙ですか

手数料なんてタダであるべき! なぁんてどこかのFXのブローカーさんみたいなコト仰いマス??

でも思い出してください。

タダより高いモノは・・・って。


いきなり中途半端な額から提示してごめんなさぃビックリみっちゅ
普通なら、セールスポイントから入るべきですよね 苦笑


実は、アメリカのトレード等になってくると、一株あたり$0.005とか、もっと安いなんて手数料の銘柄も出てきマス。

さらに利息収入も+0.25-0.5%と言われると、手数料もソコから少しずつ
ペイしていってしまいますね。

もっと詳しくお知りになりたい方は、私に問い合わせて下さるか、IBのウェブサイトをご覧ください。

IB http://www.interactivebrokers.com/jp/main.php
(まだ②整備はこれからといった感じですが、一応日本語のサイトが出来たようなので、そちらのリンクを張っておきマス


ところで、今回の手数料のお話の中で、お気づきになりました
IBで参入できるマーケットって、一つの国に限定されていないんですはぁと

PageTop

★ ブローカー ★ ⑤

利益は少しでも多いほうが良い!!

資産運用を試みる方なら、当然の考え方ですね。


昨日の隠れ手数料のお話も、なるべくわかり易いようにと
1ティック1千円としました。

が、大体の相場が1ティック10米ドルですので、実際のトコロは
約70万円の計算なんですよ。

そこで、少しでも手数料の安い、しかもごまかしのない
あるいは少ないブローカーさんを、と思って探してみました。


難しいかなぁ・・・と、半ばあきらめ気味だったのですが、あったんですよビックリみっちゅ

それが、Interactive Brokers、俗にIBと呼ばれているブローカーさん。

バーロンズというトコロから、コスト面では⑤つ星
総合でも4.5と、高い評価を得ていマスあ

って、別にIBの回し者では無いですが・・・sc04汗汗


で、具体的にいくらなの

という話ですが、長くなりそうなので・・・また明日´д`トホホ絵文字名を入力してください

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。